夢幻樹
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒塔婆(そとば) 重之の場合
2014-04-15-Tue  CATEGORY: 卒塔婆(そとば)
 ホラー劇場 第五回

 俺はセミと一緒に墓場に向かった。

 セミというのは、あいつの名前じゃなく愛称だ。

 いや、愛称と言っていいのかどうかわからない。

 何せ、ちょっかいをかけると、直ぐにミンミンと泣くからセミと名付けたわけで、その呼び名に親しみがあったのは俺と裕司と修の三人だけだったのだから。

 俺とセミは、例の暴行を起こしたと思わしき場所に辿り着いた。

 たくさんの墓石が立ち並んでいる。周りに人は見当たらない。

「たしか、この辺だったよね?」

 俺には、ここが本当に、あの時の場所だったのかどうか思い出せない。

 墓はどれも同じに見える。

 俺が返事に困っていると、セミが確信したように一人で肯いた。

「確かに、ここだった。ほら、これを見て。僕が鼻血を出した痕が残ってる」

 セミが地面にこびりついている黒い染みを指した。

「うわー。マジかよ。俺達、お前にめちゃくちゃ酷いことをしてたんだな……」

 俺は気持ちが悪くなって、吐きそうになるのを抑えながら、首を横に振った。

「あれ……? 卒塔婆(そとば)が無い」

 セミは墓を見渡しながら残念そうな声をあげた。

「なあ、卒塔婆ってなんだよ?」

 俺は聞きなれない言葉に首を傾げた。

「ほら、重之(しげゆき)くん達が振り回していた板のことだよ。あれは、お供え用の大事な板なんだよ」

 知らなかった。

 あの板は殴るのに調度いいから振り回していただけで……。

 俺達は、とんでもないことをしていたのだと、改めて痛感した。

「卒塔婆ってやつが無いのなら、どうやって元に戻せばいいんだ」

 そんなことをセミに訊ねても仕方ない。

 わかっているのに、俺は問いかけていた。

 なんでもいいから、今は何かにすがりつかなければ、この恐怖心は払拭できないと思ったからだ。

「和尚さんに聞いてみよう。なんとかしてくれるかも知れない」

 俺は、やけに協力的なセミの発言に驚いた。

「お前、どうして俺にそこまでしてくれるんだ?」

 問いかけるとセミは、薄ら笑いを浮かべた。

「だって、僕をいじめた奴等が全員死んでしまったら、僕が殺人犯と疑われちゃうじゃないか。……そんなの……いやだよ」


 次回へ続く


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 夢幻樹. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。